司法書士試験を諦めた理由は開業後のリアルを聞いたから

投稿日:

スポンサーリンク

司法書士試験を何回か受けて
これから受かるまでやり続けるか
それとも諦めるかどうしようか悩んでいませんか?

 

私は10年頑張ったんですが諦めました!
10年頑張ったが諦め挫折した理由を書こうと思います。

 

いま諦めるのか合格まで頑張るのか悩んでいる方の
参考になればと思います。

 

あくまでも私の経験からの話になります。

 

司法書士試験を諦めた理由は開業後のリアルを聞いたから

 

私は30歳から司法書士試験を9回受験してきました。

しかし、ことごとく不合格

 

あっ、ちなみに独学じゃないですよ!
ちゃんと日本○○学院という専門学校に毎年通っていましたから(汗)

 

で、今でも私が試験を諦めるキッカケとなった
あの時の会話は忘れもしません。。。

 

10回目の試験の出願を終え、試験まで残すこと2ヶ月

 

知り合いの司法書士で年下の息子(A君とします)と昼飯を食べていた時

司法書士になって開業初年度の売り上げどのくらいか知ってます?

とA君が突然聞いてきた。

 

そんなん知らんし、逆に教えてほしいよ!
と返すと

 

だいたい400万円いけばいいほうですよ。
とA君は答えた。

 

400万円・・・
そこから経費とか引いたらほとんど残らんやない!!

とわたしは言ったあと食欲を失いました。

 

その後、A君と別れて車を運転している時に

「10年頑張って合格して、
それから下積みをしてやっと開業して400万円の売り上げかぁ・・・」

「普通にサラリーマンをしていた方がいいじゃない?」

という気持ちがめばえました。

 

この時の出来事がキッカケで
10回目の試験はスルーしました(苦笑)

 

司法書士になるから試験勉強をすることが目標に

 

気が付くと、
【司法書士になる】という当初の目標が

いつも間にか
【試験勉強する】

に目的代わっていましたね。

 

あなたはどうですか?

 

司法書士試験を諦めた理由は失ったものに気づいたから

 

会社を経営している年上の知人から

おまえ、何年受験しているんだ?

9年ですね

9年かぁ・・・いくら損したか計算したことあるか?

え?、損する?

おまえの年齢なら、年収300万円くらいやろ?

300万円×9年で2700万円捨てたんやぞ

・・・・・

 

そう言われ言葉を返せなかったし
そもそもそういう考え方をしたことがなかった。。。

 

2700万円は正直でかいですよ。

他にも失ったものもあり、あまりにも多すぎました。

 

受験勉強をしていると
独りよがりになりやすいし、視野が狭くなりがち。

 

いま受験頑張っている人には
そうなって欲しくないなと思います。

 

「ここまで頑張ったんだから、諦めたくない。」

そんな気持ちがでてくるのは当然だと思います。
私もそうでしたから、その気持ちはわかります。

 

でも受験中だからこそ
色んな人の話を聞いてほしい。

そうすれば私みたいに
こんなに大切な時間とお金を失うことはない
と思います。

 

 

司法書士試験に合格して両親を安心させたいという気持ち

司法書士試験に合格したよ

と両親にいって安心させたいと当時私も思っていました。

 

しかし、いまの自分から当時の頑張っている自分にいいたい!

 

司法書士試験に合格して親が喜ぶのと安心は別ばい」と

 

親は自分の子供がきちんと生活できて安心するもの

と経験上私は考えます。

 

で、司法書士試験に受かってからを想像してみると

  1. 実務を経験するために司法書士事務所に就職
  2. 独立開業資金を作る
  3. 事務所が入所できる物件を探す
  4. 事務所開業
  5. 営業

この5つのステップを踏む必要があると思います。

 

仮に、仮にですよ

最初の司法書士事務所で働けなかったら・・・

 

私の場合、
住んでいる地域はとても閉鎖的ので
「多分、独立志向の強い人は雇わんやろうね」
と想像はしていました。

 

なぜなら、顧客を持っていかれると考えるから!
美容室と似たところがありますね。

 

司法書士とはいっても国家資格をもった【個人事業主】です。
法人化されているところはちがいますが。

 

いずれにしても、事業主にはかわりないので
稼げていないと人を雇うことはできないのは事実。

 

試験に合格したけど、実務を経験できない・・・

そんな状況にならないためにも
試験合格後雇ってくれる事務所も探しておかないと
いけないと思います。

 

 

まとめ

 

私が司法書士試験を諦めた理由は

  1. 事務所開業後のリアルを知った
  2. 勉強していた期間に失ったものに気づいた

が大きな理由です。

 

 

-コラム

Copyright© 時間や場所に縛られない生活をしたい , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.