AE86のボディをレストアしようと費用を見積もってもらった

投稿日:

スポンサーリンク

AE86のボディをレストアしようと費用を見積もってもらった

所有している昭和59年式のAE86トレノ(3ドア)のボディに
錆が目立つようになりボディのレストアをしようと思い業者を2社に絞った!

①ネットで検索していてAE86の修理記事があった業者
②知り合いの紹介の業者

①の業者の見積価格は120万円
二人で切り盛りしているから1年以上かかると言われた

②の業者は鈑金に80万円の他に全塗装代がかかると言われた
程度の良い中古があればという補足付き

 

いずれにしても100万円超えは確実ということはわかった・・・

 

ちなみに錆が発生している個所というと

  • 左右のリアフェンダー
  • リアガラスの右下
  • リアバンパー裏のボディ
  • 右フロントフェンダー下
  • フロントガラスの上下左右

が特に目立ってひどい・・・

 

AE86のボディをなぜレストアしようと思ったのか

ある晩、横殴りの雨が降っている中
外出先から帰っている途中の信号待ちをしていると

「膝が冷たい!何で?」

と思わず声が出てしまった。

 

帰宅してフロントガラスの付近にある右側のサンバイザーのところに
光を当てると水がしみた跡が・・・

何気なく左側も見てみると
水のしみた跡が・・・

「フロントガラスのボディ側に穴が開いている・・・」
そう確信した時だった

 

後日、雨がしみ込まないように
フロントガラスのモールを取り外し汚れを取り除いた後
コーキングをしてみた。

それでも結果は同じ・・・

 

「修理せんといかんかぁ」

 

業者が信用できない

前職の同僚が左ドアから左リアフェンダーを
見事に傷つけてくれたことがあった。

修理に出して見た目はキレイになったが
半年くらいしたら左リアフェンダーに錆が浮いてきたじゃないか!

 

修理に出すとき
「パテは嫌だから鉄板を溶接して」
と伝えたのにもかかわらずパテで補修した・・・

 

勿論クレームがきく期間ではないので
仕方なく応急処置を自分ですることにしたが
何か腑に落ちないモヤモヤ感が心に残るきっかけとなった。

 

「このまま何もしければAE86のボディはどんどんひどくなる」
「業者に出してもろくに鉄板を叩ききらんでパテの厚塗りやろう」
「それなら、自分でしてみる?」

そんな気持ちが日に日に強くなっていく。

 

そして、Youtubeで鈑金の動画を探して観ていったところ

Youtubeではパテをつかわないならし鈑金という
技術で修理をしているものがあった!

その業者は横浜にあり、
仕事はもう受けていないとあった・・・

距離的に無理だから諦めはすぐについたが
盗めるものはないか何度もその業者の動画をみていった

 

自分で鈑金すると決意

「業者に出してお金を捨てるなら、その前に自分でやってみるか!」

そう思って自分で鈑金をすることにした

 

-AE86 レストア

Copyright© 時間や場所に縛られない生活をしたい , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.